ローヤルゼリーの特有成分・アピシンとは?

アピシンはミツバチの成長に重要な役割を持つ

アピシンとはローヤルゼリーにのみ含まれているタンパク質の一種で、ローヤルゼリーの特有成分とされています。ローヤルゼリーにはグルコン酸・ロイヤリシンといった様々なタンパク質が含まれています。アピシンはローヤルゼリー中のタンパク質の約半分を占め、最も含有量の多いタンパク質なのです。
アピシンは、ミツバチの幼虫が女王バチに成長する際に重要な役割を持っています。幼虫が女王バチに進化する過程でローヤルゼリーを食べますが、その際にローヤルゼリー中のアピシンの量が大きく減少するという研究データが得られたのです。
これにより女王バチと働きバチとの分化には、アピシンも関与していることが判明しました。

アピシンによる健康効果とは?

アピシンがヒトにどのような健康効果を持っているかを調べるために、ヒトの培養細胞にアピシンを添加する実験が行われました。茨城大学農学部資源生物科学科・米倉政実教授の実験では「アピシンを添加した細胞の数は、五日間で5万から35万にまで増殖したのに対し、無添加の細胞は五日間で5万から15万にまでしか増殖しなかった。」という結果が得られています。
アピシンはヒトの細胞増殖を促進する効果があるのです。そして肌や骨といった細胞の新陳代謝をサポートする働きが確認されています。

肌のターンオーバーを促進し美容に効果的

アピシンを摂取することで肌の細胞増殖を促進し、新しくみずみずしい肌を作り出せるようになります。アピシンは細胞を増殖するだけでなく、細胞の寿命を長くする作用もあるためシワなどの老化現象の抑制にも効果を発揮します。
またアピシンは細胞増殖の促進と合わせて、コラーゲンの産生を促進する作用も確認されています。コラーゲンは肌のハリや弾力をキープし、みずみずしい肌の維持に効果的です。

骨の新陳代謝を促進し、骨粗鬆症の予防に効果的

私たちの体内にある骨は、新陳代謝によって骨芽細胞が生まれ変わり、常に再構築を繰り返すことで保たれています。アピシンは骨芽細胞の増殖を促進し、骨の再構築をサポートする働きがあるのです。
天然成分で安全性の高いアピシンは、骨形成促進剤として骨粗鬆症の予防や骨折の治療にも期待されています。

アピシンとアレルギーの関係とは?

ごく稀にローヤルゼリーの摂取によって下痢・かゆみなどのアレルギー症状が引き起こされる場合があります。株式会社山田養蜂場では、ローヤルゼリー中のタンパク質であるアピシンがアレルゲン物質となっていることを確認しました。
現在は酵素分解技術の発達によりアピシンを酵素で分解して、タンパク質よりも小さな「ペプチド」という形状にしたローヤルゼリーも登場しています。ペプチドにまで分解されることで、体内のアレルギー反応物質であるヒスタミンの分泌量が5分の1以下にまで抑えられることが判明しています。また酵素分解技術でアピシンを分解しても効果は変わらず、ローヤルゼリーの他の成分であるビタミンやミネラルもそのまま保たれます。
ローヤルゼリーによるアレルギー発症は、小麦や卵などの特定原材料と比べるととても低いものです。そして酵素分解の施されたローヤルゼリーは、よりアレルギーリスクの低い食品だといえます。

まとめ

アピシンとはローヤルゼリー中に含まれるタンパク質で、ローヤルゼリーの特有成分の一つに数えられます。ヒトの細胞増殖を促進する効果があり、美容や骨の形成に効果があります。
ローヤルゼリーは天然の健康食品であるため医薬品のような副作用も無く、健康な体づくりができるのが最大の魅力だといえるでしょう。

Ranking Supplementサプリランキング

  • 私のお気に入り!酵素分解ローヤルゼリーキングの公式ページ
  • アサヒSAIローヤルゼリー48EXの公式ページ
  • ローヤルゼリー粒ゴールド800の公式ページ
  • 薬院オーガニックのローヤルゼリーの公式ページ

Ranking Cosmetic基礎化粧品ランキング

  • 私のお気に入り!ローヤルゼリーもっちりジェルの公式ページ
  • 美潤エモリーRジェルの公式ページ

Otherその他の記事