ローヤルゼリーの成分と効果

ローヤルゼリーの成分-ビタミンB群

古の妙薬である「高麗人参」と比較されるほど、多くの栄養素量が認められているローヤルゼリー。
含有されている栄養素を列挙するだけでも、驚くほど沢山の栄養素名が並びます。
その全てに置いて意味を理解することは難しいですが、私達の日常生活にとって、重要な栄養素だけでも理解しておいたほうが良いのはいうまでもありません。

何故ならば、栄養素を理解する事で、その効果を知る事ができるからです。
その効果は何故生まれるのか、その要因は何なのか。

今回は、そんなローヤルゼリーの代表的な成分である「ビタミン」についてご紹介させていただきます。

ローヤルゼリーに含まれるビタミン

ローヤルゼリーには非常に多くのビタミンが含まれています。
「ビタミンB1」「ビタミンB12」「葉酸」「イノシトール」「ビタミンB2」「ナイアシン」「アセチルコリン」「ビタミンB6」「パントテン酸」「ビオチン」が確認されています。

ローヤルゼリーに含まれているビタミンの中でも、特に注目したいのはビタミンB群です。
ビタミンB群は、食べ物(炭水化物、脂肪、タンパク質)の分解を促し、人間の体が持っている「代謝」を促進させる効果をもたらします。

中でも「ビタミンB1」「ビタミンB2」「ビタミンB6」は、互いに補いながら効力を発揮するビタミンとして知られており、3つを同時に摂取する事が望ましいという研究結果が発表されています。

ビタミンB1

ビタミンB1は、食品を分解する酵素として働き、ご飯等の糖質分解を助けます。
また、脳の中枢神経や末梢神経を正常に保つ効果もあり、人間の精神を安定させる効果を発揮し、人体の成長を促進させてくれます。

ビタミンB2

糖尿病の予防に役立つという研究結果が発表されているビタミンです。
主に、細胞の再生や代謝を促してくれます。
「細胞の再生と代謝」に関係し、皮膚や爪、髪、筋肉の成長を促進させ、成人病や肥満に関係する脂質の代謝をも促します。

ビタミンB6

人間の免疫機能を正常に維持するために必要なビタミンです。
刺激の抑制に働く神経伝達物質の合成にも役立てられ、ビタミンB2の代謝を促進させる効果をもたらします。
アミノ酸の分解にも使われ、効果的に栄養素を吸収するために利用されます。
特に脂質の代謝に効果を発揮し、肝脂肪等の病気の予防にも有効です。

ビタミンB群は人間のエネルギーの供給に密接に関係しており、老廃物を外に出す働きも助けます。
日常生活において、ビタミンB群は、主には野菜から摂取されるのですが、残念ながら現代社会の食生活に置いて、満足に野菜を摂取できている人は少ないのが現状です。

これらビタミン3つを同時に摂取できるローヤルゼリーは、理想的な健康食品です。
ローヤルゼリーが、日常生活に置いて、必須の栄養素とされるビタミン群を、豊富に含んでいる事を知って頂けたと思います。

今回は、ビタミンB1,B2,B6に注目してご紹介させていただきましたが、他にも沢山のビタミンが、私達の生活を助けてくれる嬉しい効果を生み出してくれています。
またそんなローヤルゼリーのアレルギーについてもしっかり知っておきましょう。

ページのトップへ戻る