ローヤルゼリーで鉄分を摂ろう

鉄分は不足しがちなミネラル

ローヤルゼリーは、ミツバチが花粉をもとに作り出した食品です。ビタミン・ミネラルなど四十種類以上もの栄養素を含み、その中には鉄分も含まれています。

大正製薬株式会社が、15~50歳の女性に行った「不足していると思う成分」についての調査では、鉄分が第一位になっています。鉄分不足は貧血の原因になり、ふらつき・疲れがとれないといった症状が現れやすくなります。

鉄分の働き

鉄分は、主に血液の生成に関わるミネラルです。また、血液中の酸素運搬に関わっており、筋肉の活動やコラーゲンの合成にも重要な役割を果たします。

血液と鉄分

鉄分は、血液中の赤血球に含まれる「ヘモグロビン」の構成成分となります。ヘモグロビンは、全身の各細胞に酸素を送り届ける働きを持っています。血液中のヘモグロビン濃度が低下すると、鉄欠乏性貧血の原因となる可能性があります。

また、ローヤルゼリーに含まれる葉酸とビタミンB12は、補酵素としてヘモグロビンの生成を助ける働きがあります。鉄分と合わせて葉酸・ビタミンB12を摂取できるローヤルゼリーは、貧血の予防に有効です。

筋肉と鉄分

鉄分は、筋肉中に存在する「ミオグロビン」の構成成分になります。ミオグロビンは、筋肉の活動に使用する酸素を取り込む働きがあり、必要になるまで酸素を貯蔵しておくことができます。

鉄分が不足すると、ミオグロビンがうまく合成できなくなるため、筋肉中に酸素が行き渡りにくくなってしまいます。その結果、疲労を感じやすくなる・筋力が低下するといった症状が見られるようになります。

コラーゲンと鉄分

鉄分は、肌のハリやツヤを維持するコラーゲンの合成にも関わっているミネラルです。

コラーゲンの合成には、酸素・鉄分・ビタミンCが使用されます。ローヤルゼリーにはビタミンCが含まれていないため、カリフラワーやブロッコリー・黄ピーマンなどビタミンCを多く含む野菜を食事に取り入れることで、コラーゲンの合成につなげることができます。

飲み合わせに注意したい食品

ローヤルゼリーを摂取する際は、コーヒーやお茶との飲み合わせに注意が必要です。コーヒーやお茶に含まれるポリフェノールの一種「タンニン」は、鉄分と結び付く作用があります。鉄分がタンニンと結び付くと、腸内で吸収されにくくなってしまうのです。

ローヤルゼリーを摂取して一時間ほどは、お茶やコーヒーの摂取を控えておくと良いでしょう。

まとめ

ローヤルゼリーは多くの栄養素を含む健康食品で、鉄分もしっかりと含まれています。鉄分はヘモグロビンの構成成分となり、全身の細胞に酸素を送り届けます。また、筋肉の活動・コラーゲンの合成にも関わっています。

日々の習慣としてローヤルゼリーを摂取することは、鉄分不足の予防に有効です。

Ranking Supplementサプリランキング

  • 私のお気に入り!酵素分解ローヤルゼリーキングの公式ページ
  • アサヒSAIローヤルゼリー48EXの公式ページ
  • ローヤルゼリー粒ゴールド800の公式ページ
  • 薬院オーガニックのローヤルゼリーの公式ページ

Ranking Cosmetic基礎化粧品ランキング

  • 私のお気に入り!ローヤルゼリーもっちりジェルの公式ページ
  • 美潤エモリーRジェルの公式ページ

Otherその他の記事