病気の回復・予防にローヤルゼリー

ローヤルゼリーは療養中の栄養補給におすすめ

ローヤルゼリーは、ミツバチが花粉をもとにして作り出したクリーム状の物質です。三大栄養素(糖質・脂質・タンパク質)をはじめ、ビタミン・ミネラル・アミノ酸など、実に40種類以上もの栄養素が含まれています。その栄養価の高さから「天然の栄養剤」とも呼ばれ、疲労回復・免疫力の向上に働きかけ、病気で弱った体の回復や感染症の予防にも効果が期待できます。

また、日々の摂取量も少なめ(ローヤルゼリー原乳をティースプーン1杯程度)で、病み上がりや療養中で食欲の無い場合でも、栄養補給として手軽に摂取することができます。

ローマ法王を病から救ったローヤルゼリー

エピソードの詳細

ローヤルゼリーが、病気で弱った体の回復に有効であることを示す、有名なエピソードがあります。1954年、当時80歳を超えたローマ法王(ピオ12世)は、肺炎と老衰によって危篤状態に陥っていました。このとき主治医のガレアジー・リシー博士らは、世界最高峰の医療技術で治療にあたっていましたが容体が回復せず、最後の頼みとして、当時フランスで医薬品として注目されていたローヤルゼリーを投与しました。するとローマ法王の顔色が良くなり、更に投与を続けたところ、歩いて会話できる状態にまで回復したのです。

ローヤルゼリーで免疫力をアップ

ローヤルゼリーには、体内の免疫細胞の働きを活性化させる作用が認められており、風邪などの感染症の予防・回復に効果が期待できます。また、結核菌などの病原菌を殺菌する作用も確認されています。

腸内免疫を活性化する

私たちの体は、免疫細胞によって様々な細菌やウイルスから守られ、風邪などの感染症を防いでいます。そして、全身の免疫細胞の約60%が腸内に存在しているのです。

研究結果

熊本大学薬学部・三隅将吾教授らの研究グループは、ローヤルゼリーが腸内の免疫細胞を活性化させるかどうかを調べるため、ヒト由来の腸管上皮細胞にローヤルゼリーを添加し、3日間培養する実験を行いました。その結果、何も添加しなかった場合に比べて、ローヤルゼリーを添加した場合は、腸管上皮細胞がM細胞[病原体(抗原)を取り込んで排除する免疫細胞]と似た働きをする細胞に変化していることが確認されました。

次に、ローヤルゼリーを摂取することで、抗原に対して体内のIgA抗体(ウイルスや細菌を無力化する免疫物質)が活性化するかを調べる実験を行いました。霊長類の被験体を2グループに分け、一方のグループにはタンパク質抗原1mgと酵素分解ローヤルゼリー240mgを、もう一方のグループにはタンパク質抗原1mgのみを定期的に摂取させ、1日目、12日目、20日目の糞便を採取しました。その結果、タンパク質抗原のみを摂取させたグループでは、糞便中のIgA抗体の反応に変化が見られませんでしたが、ローヤルゼリーを摂取したグループでは、特に20日目の糞便でIgA抗体の反応が大きく活性化していることが確認されたのです。この結果により、ローヤルゼリーを継続して摂取し続けることで腸内免疫細胞を活性化させ、感染症の予防や症状を軽減させる効果が期待できることが判明しました。

結核菌を殺菌する

結核は、1950年頃までは日本人の死因の第一位を占める病でした。その後、予防接種の普及により確実に減少し、2010年には人口10万人当たり18.2人にまで激減しました。しかし、2015年時点の予測で、100万人当たり1人以下の「制圧」に至るのは2100年頃になるだろうとされています。

研究結果

ローヤルゼリーは、結核菌を6日間で死滅させる殺菌効果があることが確認されています。実験ではモルモットを2グループに分け、一方のグループには結核菌の培養液を注射し、もう一方のグループには結核菌にローヤルゼリーを添加した液を注射しました。解剖して調べたところ、結核菌のみを注射したグループは全身に病巣が広がっていたのに対し、ローヤルゼリーを添加したグループでは病巣が全く見られなかったのです。この結果を受けてH.ヒングレス医学博士は「ローヤルゼリーは、天然の抗生物質である。特に結核菌に対する抗生物質のリストに加えられるべきだと思う」と発表しました。

また、H.ヒングレス博士らの研究グループでは、「ブドウ球菌にローヤルゼリーを加えると、6時間で菌が完全に死滅した」とも報告しています。

ローヤルゼリーの注意点とは?

ローヤルゼリーは天然の健康食品であるため、基本的に医薬品のような副作用(眠気、下痢など)が現れることはありません。しかし、原材料にミツバチ由来の酵素や花粉が使用されているため、ハチアレルギーや重度の花粉症を抱えている場合は、摂取前にアレルギー科の医師に相談するようにしましょう。

また、ローヤルゼリーに含まれる成分「コリン」には、胃酸の分泌を促す作用があります。そのため空腹の状態で摂取すると、まれに胃もたれや胸やけといった症状が現れる可能性があります。特に療養中で消化機能が低下している方は、空腹時の摂取は避け、食後に摂取するようにしましょう。

まとめ

ローヤルゼリーには、「天然の栄養剤」と呼ばれるほど豊富な栄養素が含まれています。1日の摂取量もごく少量のため、病気で体力が低下しているときの栄養補給におすすめです。

ローヤルゼリーを継続的に摂取することで、体内の免疫細胞を活性化させ、風邪などの感染症の予防や改善に効果が期待できます。また、結核菌やブドウ球菌といった病原体を殺菌する作用も認められています。

ローヤルゼリーは、体本来の自然治癒力を引き出し、病気からの回復・病気になりにくい体づくりに役立つ健康食品なのです。

Ranking Supplementサプリランキング

  • 私のお気に入り!酵素分解ローヤルゼリーキングの公式ページ
  • アサヒSAIローヤルゼリー48EXの公式ページ
  • ローヤルゼリー粒ゴールド800の公式ページ
  • 薬院オーガニックのローヤルゼリーの公式ページ

Ranking Cosmetic基礎化粧品ランキング

  • 私のお気に入り!ローヤルゼリーもっちりジェルの公式ページ
  • 美潤エモリーRジェルの公式ページ

Otherその他の記事