ローヤルゼリーはすぐに効果が出るの?

ローヤルゼリーは医薬品ではなく健康食品

蜜蜂の作った希少成分・ローヤルゼリーには高血圧や高脂血症の改善・予防や、免疫力の向上といった多くの健康効果が認められています。ローヤルゼリー原乳やサプリメント等さまざまなタイプが販売されていますが、これらを摂取してすぐに効果が出るのでしょうか?
結論をいうと、すぐに効果が出るわけではありません。ローヤルゼリーは医薬品ではなく健康食品です。医薬品の場合は体の悪い箇所に直接働きかけて治療しますが、健康食品はその成分で体本来の免疫機能を高める物です。また医薬品ではないので、ローヤルゼリーを多く摂取しても特に副作用が出るわけではありません。

継続して摂取することで嬉しい健康効果が期待できる

ローヤルゼリーを摂取する上で最も大切なことは、継続して摂取し続けることです。飲みやすいサプリメントやドリンクも販売されていますが、最も有効成分が豊富なのはローヤルゼリー原乳です。原乳の場合は毎日ティースプーン1杯(約3g)を朝と夕方2回に分けて飲むと良いでしょう。二回に分けて飲むことで、尿と共に排出されやすいローヤルゼリーのビタミン・ミネラル類を絶え間なく摂取することができます。

二週間で冷え性の改善効果が期待できる

日本栄養・食料学会誌(2010年・63巻)に掲載された「若年女性の冷え性に対するローヤルゼリー摂取の改善効果」(愛媛大学大学院医学系研究科・山田典子、吉村裕之)では、「ローヤルゼリー(一日に2.8g)を二週間摂取した場合、冷水で負荷を与えた後の指先の体温の回復が早くなる。」ことが確認されています。
ローヤルゼリーに含まれるデセン酸やアセチルコリンには、自律神経のバランスを整える作用があります。自律神経が整うことで血行が良くなり、全身に必要な栄養素を運んだり老廃物を掃き出す働きが活発になります。
このためローヤルゼリーを二週間摂取し続けることで、血行が促進され冷え性の改善が期待できるのです。

八週間で肌の水分量がアップ

株式会社山田養蜂場が行った研究では「ローヤルゼリーを八週間継続して飲用することで、肌に潤いを与え肌状態を改善することが分かった。」としています。ローヤルゼリーを一日に7.2g摂取し続けたところ、八週間後には頬の角質水分量が飲用前と比較して37%アップしていたのです。これにより乾燥による小ジワや肌のたるみが目立たなくなる効果が確認されました。
ローヤルゼリーには「美容ビタミン」ともいわれるパントテン酸が含有され、その含有比率は食品の中でも群を抜いて多くなっています。パントテン酸はビタミンCの活動を補助し、コラーゲンの生成を促進する作用があります。また代謝に必要になる酵素の働きをサポートし、肌のターンオーバーを促してみずみずしい肌を作り出します。
ローヤルゼリーを八週間継続して摂取し続けることで、肌のもっちり感をアップさせる効果が期待できるのです。

効果が減少する飲み合わせに注意

ローヤルゼリーには特有成分・デセン酸のほか、ビタミン・各種ミネラル・アミノ酸といった実に四十種類以上の栄養分が含まれています。ただし飲み合わせに注意が必要な食品もあります。
コーヒーやお茶に含まれるカフェインやタンニンは、ローヤルゼリーに含まれるミネラル分の吸収を妨げてしまう可能性があります。またローヤルゼリーに含まれるパントテン酸はカフェインを分解する際に消費されてしまい、栄養素として吸収できる量が少なくなってしまうのです。
ローヤルゼリーを摂取した後に習慣的にお茶を飲んでしまうと、効果が薄れてしまう可能性が出てきます。そのためローヤルゼリーの摂取後一時間は、コーヒーやお茶の摂取を控えておくと良いでしょう。

まとめ

ローヤルゼリーは健康食品のため、医薬品のように飲んですぐに効果が現れる物ではありません。しかし継続して摂取し続けることで冷え性の改善や美肌効果など、徐々に体質が改善されていくのを実感できるようになります。
最も健康効果が期待できるのはローヤルゼリー原乳です。しかし酸味や刺激があることと、コストが高くなりがちになるというデメリットがあります。有効成分は多少減るものの、サプリメントであれば少しコストを抑えることも可能です。安価なトライアル商品も試しつつ、無理なく摂取できそうな商品を選ぶことがポイントです。

Ranking Supplementサプリランキング

  • 私のお気に入り!酵素分解ローヤルゼリーキングの公式ページ
  • アサヒSAIローヤルゼリー48EXの公式ページ
  • ローヤルゼリー粒ゴールド800の公式ページ
  • 薬院オーガニックのローヤルゼリーの公式ページ

Ranking Cosmetic基礎化粧品ランキング

  • 私のお気に入り!ローヤルゼリーもっちりジェルの公式ページ
  • 美潤エモリーRジェルの公式ページ

Otherその他の記事