ローヤルゼリーの精神安定効果

現代は、社会的なストレスやパソコンでの長時間作業、睡眠不足などで精神的に不安を抱えている人が多くなっています。こうした不安が続くと、気分の落ち込みやうつ病などの精神的な疾患を引き起こす可能性も出てきます。健康食品のローヤルゼリーは、精神的な不安を和らげ、メンタルヘルスの維持に役立つことが分かっているのです。

心の病とは?

詳しい情報

うつ病をはじめとする精神疾患は、心の病といわれます。心は脳の働きの一部であることは間違いありませんが、その定義や、「健常」もしくは「異常」かの境界はどこにあるのか、明確な答えは得られていません。厚生労働省が実施している「患者調査」によれば、うつ病を含む気分障害の治療を受けている患者数は2008年時点で年間104.1万人となっています。1999年時点では44万人となっているため、10年間でほぼ2倍に増加していることになり、精神的な不安を抱えている人が増え続けていることが伺えます。

ローヤルゼリーは不安や緊張を和らげる

ミツバチの作り出す健康食品・ローヤルゼリーは、精神的な不安や緊張を和らげる効果があることが報告されています。

研究結果

株式会社山田養蜂場と岡山大学大学院が共同で行った実験では、モデルを4グループに分け、それぞれ「ローヤルゼリーを含まない錠剤」「ローヤルゼリー100mgを含む錠剤」「ローヤルゼリー300mgを含む錠剤」「ローヤルゼリー1000mgを含む錠剤」を1日1回、2週間摂取させました。2週間後に調べたところ、ローヤルゼリーを摂取していたグループは、ローヤルゼリーを含んでいない錠剤を摂取していたグループに比べて、不安を示す行動や強迫行動が軽減することが確認されました。また、ローヤルゼリーの摂取量が多いグループほど、不安を感じる条件を回避しようとする回数や、回避する時間の長さが減少することが確認されたのです。

この結果から、ローヤルゼリーの投与量が多いほど、不安や強迫症状が軽減する、と結論されています。

ローヤルゼリーに含まれる成分とは?

ローヤルゼリーには、3大栄養素(炭水化物・脂質・タンパク質)をはじめ、アミノ酸・ビタミン・ミネラル・自律神経の改善に役立つコリンなど、40種類以上ともいわれる栄養素が含まれています。ローヤルゼリーを継続的に摂取することで、自律神経を整えたり、神経伝達物質の合成を促進して、不安や気分の落ち込みなどのうつ状態を緩和する効果が期待できるのです。

うつ病の治療には、薬物療法が取られることが一般的です。ローヤルゼリーは健康食品であるため、医薬品のような即効性はありません。しかし天然成分で出来ているため、体への負担が少なく、うつ状態の緩和や予防に効果が期待できることが魅力だといえます。

コリン

詳しい情報

自律神経は、私たちの意思とは無関係に、血管の収縮や弛緩・消化器官の活動・体温調節などの生命機能を支配している神経です。血管の収縮・消化器官の活動の抑制など、体を緊張・興奮させる「交感神経」と、血管を拡張・消化器官の活動を活性化するなど、体をリラックス状態に導く「副交感神経」の2つで成り立っています。この2つの自律神経がバランス良く働くことで、消化・排泄・睡眠などさまざまな機能が維持され、心身を安定させているのです。

しかし、自律神経はストレスや睡眠不足といった要因でバランスが崩れてしまう場合があります。ストレス社会といわれる現代は、心身を緊張させる交感神経が慢性的に優位になりがちで、精神的な不安や緊張を抱えている人が多くなっているのです。

ローヤルゼリーに含まれるコリンは、神経伝達物質の1種である「アセチルコリン」の材料になる栄養素です。アセチルコリンは、脳の視床下部にある、自律神経の中枢と呼ばれる「間脳」に働きかけ、体をリラックスさせる副交感神経の働きを活性化してくれる作用があります。そのため、ローヤルゼリーを継続的に摂取することで、抑えられがちな副交感神経の働きを活性化し、精神的な不安や緊張を和らげる効果が期待できるのです。

ビタミンB群

詳しい情報

ローヤルゼリーには、ビタミンB群に属する8種類(ビタミンB1・B2・B6・B12・葉酸・パントテン酸・ナイアシン・ビオチン)がバランス良く含まれています。ビタミンB群は、精神安定作用のある神経伝達物質「セロトニン」の合成に欠かせない栄養素です。

セロトニンは、気分や感情をコントロールしており、別名「幸せホルモン」とも呼ばれています。ビタミンB群が不足すると、セロトニンがうまく分泌されにくくなるため、気分が滅入る・イライラするなどの症状が現れやすくなるのです。

ビタミンB群は、相互に補い合うことでより効果が発揮される栄養素です。ローヤルゼリーは、全てのビタミンB群をバランス良く摂取できるため、ビタミンB群の補給源としてとても優秀な食品なのです。

ミネラル

詳しい情報

ミネラルは、新陳代謝をはじめ体のさまざまな機能を正常に保つ栄養素で、「無機質」とも呼ばれます。体内では合成することができないため、食品から摂取する必要があります。ローヤルゼリーには、8種類のミネラル(カルシウム・カリウム・リン・マグネシウム・マンガン・鉄分・銅・亜鉛)が含まれているのです。

ミネラルの中でもカルシウムは、神経の興奮や緊張を緩和して、イライラや苛立ちを抑える作用があります。マグネシウムは、循環器系を中心に体内で300種類以上の酵素反応に関わっているミネラルで、不足すると体がだるい・イライラするといった症状が現れます。また亜鉛は、セロトニンの合成に関わり、脳の機能を高めて精神の安定やうつ状態の改善に働きかけてくれます。

デセン酸

詳しい情報

デセン酸とは、ローヤルゼリーに含まれている脂肪酸の1種です。天然成分ではローヤルゼリーからしか見つかっていないため、ローヤルゼリーの特有成分として知られています。

デセン酸は、女性ホルモンのエストロゲンと構造が良く似ており、体内でエストロゲンと同じ作用を示すことが確認されています。エストロゲンには、セロトニンの分泌を促して作用を増強する働きがあります。特に、45歳~55歳の更年期と呼ばれる時期の女性は、エストロゲンの分泌量が減少するため、気分の落ち込みやイライラ感に加え、うつ病を発症するリスクが高くなるとされています。

デセン酸を摂り入れることで、体内でエストロゲンの代役として機能し、精神的な不安や緊張の緩和に効果が期待できるのです。

まとめ

ストレス社会と呼ばれる現代は、精神的な疾患を引き寄せる要因が多くなっています。ローヤルゼリーには、自律神経を整えたり、気分を落ち着かせるセロトニンの働きを助けてくれる栄養素が豊富に含まれているため、精神的な不安や緊張を緩和してくれる効果が期待できます。

うつ病をはじめとする精神疾患の予防や改善には、不安の原因を取り除いたり、十分な栄養と休息を確保するなどの対処が大切になります。サプリメントになったローヤルゼリーであれば、1日に4~5粒を水と合わせて摂取するだけで良いので、仕事で時間の取れない方にもおすすめできます。また、ミツバチの作り出した状態のままのローヤルゼリー原乳や、ドリンクタイプのローヤルゼリーも販売されていますので、併せて検討されてみてはいかがでしょうか?

Ranking Supplementサプリランキング

  • 私のお気に入り!酵素分解ローヤルゼリーキングの公式ページ
  • アサヒSAIローヤルゼリー48EXの公式ページ
  • ローヤルゼリー粒ゴールド800の公式ページ
  • 薬院オーガニックのローヤルゼリーの公式ページ

Ranking Cosmetic基礎化粧品ランキング

  • 私のお気に入り!ローヤルゼリーもっちりジェルの公式ページ
  • 美潤エモリーRジェルの公式ページ

Otherその他の記事