ローヤルゼリーに含まれるビオプテリン

ビオプテリンとは補酵素の一種

ビオプテリンとは補酵素の一種です。食品ではローヤルゼリーからしか見つかっていないため、デセン酸と共にローヤルゼリーの特有成分としても知られています。
補酵素とは、単体では活動できないさまざまな酵素(消化酵素・ホルモンを合成する酵素など)を支える物質です。その中でビオプテリンは「テトラヒドロビオプテリン」という補酵素が酸素と結び付いた物質です。プテリン類と呼ばれる補酵素群の中では最も安定した物質だといわれています。
ローヤルゼリーから摂取したビオプテリンは、体内で酸化・還元反応を通してテトラヒドロビオプテリンやビオプテリンとなり、ストレスを和らげたり血行を改善するといった効果を発揮します。

ドーパミンを分泌させてストレスを和らげる

ビオプテリンはセロトニンやドーパミンといった神経伝達物質を合成する際に、補酵素として分泌を促進してくれる働きがあります。ドーパミンは学習意欲や運動機能・向上心を高め、達成感による快感を得ることで更なる意欲を引き出す効果があります。セロトニンは精神を安定させる物質で、幸福感を感じやすくなります。
ビオプテリンが不足するとドーパミンやセロトニンの合成に影響するため、ローヤルゼリーの摂取はストレス対策にも効果的です。

抗酸化作用で血行を改善する

ビオプテリンには抗酸化作用があります。抗酸化作用とは血液中に存在する活性酸素の増殖を抑える作用です。活性酸素が増え過ぎると、コレステロールと結び付いて血行が悪化する可能性が出てきます。
ビオプテリンは活性酸素と化学反応を起こして酸化を解消したり、一酸化窒素合成酵素(NOS)と結合して活性酸素の生成を抑える作用が確認されています。抗酸化作用によって血行を改善し、長期的には動脈硬化などの血管系の疾患の予防にもなります。
「テトラヒドロビオプテリン研究の将来」(藤田保健衛生大学医学博士 一瀬[鷲見]千穂・大槻眞嗣、藤田保健衛生大学医学部薬学修士 白石弘章、藤田保健衛生大学医学部教授 野村隆英 著)では「今後、テトラヒドロビオプテリンは抗動脈硬化薬として注目されるであろう。」としています。

女王蜂の体の大きさとビオプテリンの関係

ビオプテリンは微生物(トリパノソーマ)の細胞を増殖させる物質として知られています。微生物の細胞を増殖させる作用があることから、ローヤルゼリーを食べた女王蜂が他の働き蜂よりも体が大きくなることにも関係していると考えられます。
「ローヤルゼリーの神秘」(井上丹治・著)では、「ビオプテリンは成長促進に役立つらしく、これをミツバチに食わせるとドンドン大きくなる。」とされています。女王蜂の成長因子として2011年にタンパク質のロイヤラクチンが発見されていますが、ビオプテリンもまた女王蜂の成長に寄与していると考えられます。

まとめ

ビオプテリンとは様々な生命活動を支える補酵素の一種で、ヒトの体内にも常に存在します。食品ではローヤルゼリーからしか見つかっていないことから、ローヤルゼリーの特有成分の一つに数えられます。ビオプテリンはドーパミンやセロトニンを分泌してストレスを和らげたり、抗酸化作用で血行を改善する作用があります。
日々の習慣としてローヤルゼリーを摂取することで、主に血管系の疾患の予防に大きな効果が期待できます。

Ranking Supplementサプリランキング

  • 私のお気に入り!酵素分解ローヤルゼリーキングの公式ページ
  • アサヒSAIローヤルゼリー48EXの公式ページ
  • ローヤルゼリー粒ゴールド800の公式ページ
  • 薬院オーガニックのローヤルゼリーの公式ページ

Ranking Cosmetic基礎化粧品ランキング

  • 私のお気に入り!ローヤルゼリーもっちりジェルの公式ページ
  • 美潤エモリーRジェルの公式ページ

Otherその他の記事