ローヤルゼリーは何歳から始める?

ローヤルゼリーは、ミツバチが花粉と花の蜜を使って作り出した健康食品です。ビタミン・ミネラル・アミノ酸など豊富な栄養素が含まれているため、普段の食事で不足しがちな栄養素を補うことができるのです。また、育ち盛りのお子様の栄養補給にもおすすめできます。お子様に摂取させる場合、年齢制限などはあるのでしょうか?

ローヤルゼリーの栄養成分って?

ローヤルゼリーには、3大栄養素(糖質・脂質・タンパク質)をはじめ、ビタミンB群・ミネラル・アミノ酸など、全て合わせて40種類以上もの栄養素が含まれています。特にビタミンB群は代謝を良くし、血行を促進する効果があるため、免疫力アップに役立ちます。そのため、風邪を引きやすいお子様に摂取させることで、風邪の予防効果が期待できます。

また、成長期に必要な筋肉のもととなる必須アミノ酸や、骨の発育に大きく関係するカルシウム・マグネシウムなど、不足しがちな栄養素を補給できる点も魅力です。

何歳から与えても大丈夫?

ローヤルゼリーは医薬品ではなく、自然界の花粉や花の蜜から作られた健康食品です。そのため、医薬品に見られるようなだるさ・眠気といった副作用はありません。

しかし、40種類以上もの栄養素が含まれていることや、ローヤルゼリー特有の刺激や酸味があることから、消化器官がある程度発達してから与えた方が良いとされています。小学校に入学する6歳頃には消化器官も発達し、免疫機能もある程度整うため、ローヤルゼリーを飲んでも大丈夫というのが一般的になっています。また、多くのローヤルゼリー商品にも6歳未満の幼児へ摂取させるのは避けるように、との注意書きがされています。

お子様でも飲みやすいように、ヨーグルト味など風味の付いた顆粒状ローヤルゼリーが販売されています。初めて摂取させる際は、こうした子供用ローヤルゼリーから試してみると良いでしょう。

年齢以外に気を付けることは?

ローヤルゼリーをお子様に摂取させる際は、与える量・ハチアレルギーがあるかどうか・温かい飲み物には混ぜない、といった点に注意する必要があります。

大人よりも与える量を少なくする

子供の体は大人よりも小さいため、大人と同じ量を摂取すると刺激が強過ぎる可能性があります。(公財)日本健康・栄養食品協会では、生ローヤルゼリーの1日の摂取量を500mg~3000mg(ティースプーン1杯程度)としています。これは大人の場合の数値で、成長期のお子様に摂取させる場合は約半量から3分の1程度にしておきましょう。

ハチアレルギーがあるかどうか

ローヤルゼリーもまた食品の1種なので、アレルゲンとなってしまう可能性がゼロではありません。ローヤルゼリーには、生成過程でミツバチの酵素が使用されているため、ハチアレルギーを持っているお子様は注意が必要です。ハチミツを舐めて舌がヒリヒリしたり、一度ハチに刺された経験を持っているお子様は、ローヤルゼリーを摂取させる前に一度アレルギー科の医師に相談するようにしましょう。

温かい飲み物に混ぜない

生ローヤルゼリーは熱に弱い生鮮食品です。温かい飲み物に混ぜるとタンパク質やアミノ酸が変性してしまい、ローヤルゼリーの健康効果が十分に得られなくなってしまう可能性があります。お子様に飲ませる際は、温かいココアやホットミルクに混ぜるのは避けるようにしましょう。

まとめ

ローヤルゼリーには、ビタミンB群・ミネラル・アミノ酸など豊富な栄養素が含まれています。成長期のお子様に欠かせないカルシウムやマグネシウムなど、不足しがちな栄養素を幅広く摂取できる点が魅力です。また、受験勉強などのストレスで風邪を引きやすい時期に、お子様の体調をサポートするのにも役立ちます。

ローヤルゼリーには、舌を刺すような刺激や酸味があります。生ローヤルゼリーをヨーグルトやハチミツと一緒に飲んだり、風味の付いた子供用ローヤルゼリーなどお子様のストレスにならないような商品を選ぶと長続きしてくれるでしょう。

Ranking Supplementサプリランキング

  • 私のお気に入り!酵素分解ローヤルゼリーキングの公式ページ
  • アサヒSAIローヤルゼリー48EXの公式ページ
  • ローヤルゼリー粒ゴールド800の公式ページ
  • 薬院オーガニックのローヤルゼリーの公式ページ

Ranking Cosmetic基礎化粧品ランキング

  • 私のお気に入り!ローヤルゼリーもっちりジェルの公式ページ
  • 美潤エモリーRジェルの公式ページ

Otherその他の記事