ローヤルゼリーは糖尿病に効くの?

糖尿病は、一度発症すると食事療法や注射による対症療法が必要になるなど、日々の生活にも影響の出てくる疾患です。減量や栄養管理を行えば、完治したかのように日常生活が送れるようになる「寛解」という状態は望めますが、2018年現在でも本質的な意味での完治は困難だとされています。健康食品のローヤルゼリーは、糖尿病の初期症状の進行を抑え、予防につなげられることが分かっているのです。

糖尿病とは?

詳しい情報

糖尿病は、血液中の糖質すなわち「血糖」が体内でうまく利用できず、血糖値が常に高い状態になる疾患です。通常、血糖はすい臓から分泌される「インスリン」というホルモンによってエネルギーに代謝されています。しかし、何らかの要因ですい臓の機能が低下したりインスリンの効力が低下すると、血糖の代謝がうまくいかなくなり、糖尿病を発症してしまうのです。

糖尿病は「1型糖尿病」と「2型糖尿病」の2つに分けられます。1型糖尿病は、インスリンを作るすい臓の機能が低下し、インスリンが分泌されなくなることで発症するものです。2型糖尿病は、長期間の生活習慣の乱れや睡眠不足により、インスリンの分泌量や効力が低下する「インスリン抵抗性」と呼ばれる状態を通過して糖尿病に至るものです。インスリン抵抗性は、糖尿病予備軍であると判断するための重要な兆候になります。

厚生労働省の「平成28年国民健康・栄養調査」では、「平成28年時点で糖尿病が強く疑われる人が1000万人で、予備軍を含めると2000万人に上る。」と発表されています。そして、日本国内の糖尿病患者の約90%は2型糖尿病だといわれているのです。

ローヤルゼリーは糖尿病の予防に効果がある

ローヤルゼリーとは、ミツバチが食べた花粉や花蜜を体内で消化・分解し、頭部にある咽頭腺から分泌して得られる物質です。見た目は乳白色でヨーグルト状の物質ですが、舐めてみるとピリッとした刺激とほのかな酸味があることが特徴です。女王蜂だけのために作られた特別食で、ハチミツと比べると生産量が少なく希少価値が高くなります。

ローヤルゼリーは、糖尿病の初期症状の進行を抑える作用があることが報告されています。株式会社山田養蜂場と岡山大学大学院・川崎博己教授との共同研究では、ローヤルゼリーが糖尿病の予防に効果があるかどうか、ラットを用いて調べる実験を行いました。ラットを「果糖飲料水のみを飲むグループ」と「果糖飲料水とローヤルゼリーを飲むグループ」の2グループ(それぞれ5~6匹)に分け、8週間摂取させました。8週間後に調べたところ、ローヤルゼリーを飲んでいたグループは、飲んでいないグループに比べて血液中のインスリン抵抗性指数が明らかに低下していることが確認されたのです。この結果から、ローヤルゼリーは糖尿病予備軍の症状であるインスリン抵抗性の進行を抑え、糖尿病の予防につなげられることが確認されました。

ローヤルゼリーの有効成分とは?

ローヤルゼリーには、3大栄養素(糖質・脂質・タンパク質)をはじめ、ビタミンB群・各種ミネラル・アミノ酸など、実に40種類以上もの栄養素が含まれています。その栄養価の高さから「天然の栄養剤」ともいわれ、栄養ドリンクや精力剤の原料にも使用されているのです。

ローヤルゼリーに含まれる栄養素は、血糖をエネルギーにうまく変換したり、インスリンの分泌を正常に保つ作用があるため、インスリン抵抗性の抑制につながっていると考えられているのです。

ビタミンB群

成分情報

ビタミンB群は「代謝のビタミン」とも呼ばれ、食品から摂取した糖質・脂質・タンパク質を体内で利用できるように代謝するプロセスを活発にしてくれます。血液中に吸収された糖質をブドウ糖に分解し、エネルギー源として利用したり、筋肉中に取り込んでブドウ糖を結合させた「グリコーゲン」として貯蔵しているのです。

ローヤルゼリーには、ビタミンB群に属する8種類(B1・B2・B6・B12・葉酸・パントテン酸・ナイアシン・ビオチン)が全て含まれています。ビタミンB群は相互に補い合ってうまく機能する栄養素です。そのため8種類ともバランス良く摂取できるローヤルゼリーは、糖質の代謝アップにとても効果的な食品なのです。

ミネラル

成分情報

ミネラルは、新陳代謝を正常に保つほか、骨や歯・血液の構成材料になるなど生命を維持するために必要不可欠な栄養素です。特に野菜や海藻類に多く含まれ、体内では合成することができないため、現代人に不足しがちな栄養素としても知られています。

ローヤルゼリーには8種類のミネラル(カルシウム・カリウム・リン・マグネシウム・マンガン・鉄分・銅・亜鉛)がバランス良く含まれています。ミネラルの中でもマグネシウムは、すい臓でインスリンを分泌する際の化学反応に関わっています。マグネシウムが不足すると、インスリンがうまく分泌されにくくなり、インスリン抵抗性に近付く要因となる可能性があります。また亜鉛は、全身の血液中を巡るインスリンの濃度を保つ作用があり、血糖値の上昇の抑制につながることが確認されています。

デセン酸

成分情報

デセン酸とは、ローヤルゼリー中に含まれている希少成分で、脂肪酸の1種です。天然成分ではローヤルゼリーからしか見つかっていないため、ローヤルゼリーの特有成分として知られています。

デセン酸は女性ホルモンである「エストロゲン」と構造が類似しており、体内のエストロゲン受容体と反応するためにエストロゲンと同じような作用を示します。エストロゲンは、血糖値を下げるインスリンの効力を高める「インスリン感受性」と呼ばれる作用を持っています。女性は閉経を迎えるとエストロゲンの分泌量が減少することから、血糖値が上昇しやすくなり糖尿病のリスクが高まるといわれています。

そのため、ローヤルゼリーに含まれるデセン酸が、インスリン抵抗性の進行を抑える要因になっていると考えられているのです。

まとめ

糖尿病は、一度発症すると根本的な完治は困難だとされており、生活習慣の見直しや栄養バランスの改善など、予防するための対策が重要になります。ローヤルゼリーは、血糖の代謝を促したり、インスリンの働きを支える作用があるため、糖尿病発症前の初期症状の進行を抑制し、糖尿病の予防に効果があることが分かっています。

食生活の見直しや十分な睡眠、適度な運動に加えてローヤルゼリーを摂取することで、糖尿病の発症リスクを低下させることができるのです。

Ranking Supplementサプリランキング

  • 私のお気に入り!酵素分解ローヤルゼリーキングの公式ページ
  • アサヒSAIローヤルゼリー48EXの公式ページ
  • ローヤルゼリー粒ゴールド800の公式ページ
  • 薬院オーガニックのローヤルゼリーの公式ページ

Ranking Cosmetic基礎化粧品ランキング

  • 私のお気に入り!ローヤルゼリーもっちりジェルの公式ページ
  • 美潤エモリーRジェルの公式ページ

Otherその他の記事