ローヤルゼリーで更年期障害の対策を

更年期障害とは?

女性ホルモン(エストロゲン)は、女性らしい体つきを維持する、生理や妊娠をコントロールする、自律神経を安定させる働きを持つなど、女性の体調に多大な影響を与えているホルモンです。しかし、50歳前後に訪れる閉経が近づくと、卵巣で作られているエストロゲンの量は減少してしまいます。

エストロゲンの分泌量が減少すると、脳の視床下部から卵巣へ「エストロゲンを作るように」との指令が送られます。しかし、加齢により卵巣でエストロゲンを作る機能が低下しているため、指令を繰り返すうちに自律神経の働きが乱れ、ほてり・めまい・発汗・頭痛・肩こり・イライラなど心身に様々な不調が現れやすくなります。これが更年期障害と呼ばれるものです。

ローヤルゼリーの有効成分

ローヤルゼリーとは、ミツバチが花粉や花蜜を食べて体内で消化・分解し、それを頭部の咽頭腺という器官から分泌してできた乳白色でクリーム状の物質です。自然界では女王蜂のみが食べることを許される特別な食品で、幼虫の頃からローヤルゼリーを食べて育った女王蜂は、他の働き蜂の約2倍の大きさに成長し、1日に2000個もの卵を産卵するという驚異的な生命力を身に付けます。

ローヤルゼリーには、3大栄養素(糖質・脂質・タンパク質)をはじめ、アミノ酸・ビタミン・ミネラルなど豊富な栄養素が含まれており、「天然の栄養剤」とも呼ばれるほどです。また、自律神経の改善に役立つ「コリン」や、エストロゲンとよく似た働きを持つ「デセン酸」が含まれていることから、更年期障害の対策にも有効な健康食品として知られています。

自律神経を整えるコリン

成分情報

自律神経は、血管を収縮して心身を緊張させる「交感神経」と、血管を拡張して心身を休息させる「副交感神経」の2つで成り立っています。2つの神経のバランスが保たれていることで、血流・血圧・心拍・発汗・体温などの生命機能がコントロールされているのです。

更年期障害では、視床下部からの指令通りにエストロゲンを作り出せないため、次第に視床下部が混乱し、自律神経もその影響を受けてバランスが崩れやすくなります。特に、体を緊張させる交感神経が優位になり過ぎて、イライラ・頭痛・便秘などの症状が現れやすくなるのです。

ローヤルゼリーに含まれているコリンは、脳内の神経伝達物質である「アセチルコリン」の元となる栄養素です。アセチルコリンは、脳の視床下部に働きかけて副交感神経を活性化させる作用を持っています。ローヤルゼリーを習慣的に摂取することで、交感神経の興奮を抑え、更年期障害による心身の不調を緩和させる効果が期待できます。

エストロゲンに似た働きを持つデセン酸

成分情報

デセン酸は、ローヤルゼリーから見つかった脂肪酸の1種で、ローヤルゼリーの特有成分として知られています。エストロゲンとデセン酸は、構造が類似しているため、デセン酸を摂取すると体内のエストロゲン受容体に作用し、エストロゲンと同じような働きをすると考えられているのです。デセン酸を摂取することで、不足したエストロゲンの代役となり、更年期障害の不快症状を緩和する効果が期待できます。

疲労回復に役立つビタミンB群

成分情報

更年期障害では、自律神経が乱れやすくなるため、血液の流れが悪くなり疲労感や肩こりといった症状が見られます。こうした症状では、食事で取り入れた糖質・脂質・タンパク質からエネルギーを生み出す代謝機能が低下している可能性も考えられます。

ローヤルゼリーには、疲労回復に効果を発揮するビタミンB群が豊富に含まれています。ビタミンB群は代謝のビタミンとも呼ばれ、血液中の糖質・脂質・タンパク質からエネルギーを効率的に産生できるようにする働きがあるのです。また、ビタミンB群は毛細血管を拡張して血流を促したり、神経の興奮を抑える作用も認められています。そのため、更年期障害による冷え・肩こり・イライラといった不快症状の緩和が期待できるのです。

男性にも更年期障害があるの?

更年期障害は女性特有の症状だと考えられがちですが、実は男性にも更年期障害はあるのです。男性の更年期障害として、男性ホルモン(テストステロン)の分泌量が低下する加齢男性性腺機能低下症候群(LOH症候群)が知られています。

男性の場合は、女性のように月経不順や閉経といった大きな変化が感じられないため、更年期に入ったことに気付かないまま、スッキリしない状態から抜け出せなくなる場合があります。

LOH症候群とは?

詳しい情報

LOH症候群は、30代後半から70歳近くの幅広い年齢で見られ、集中力の低下・性欲減退・不眠といった症状が見られます。主な原因として社会的なストレスや過労・睡眠不足などが挙げられます。

ローヤルゼリーでLOH症候群を予防

ローヤルゼリーを継続的に摂取することで、自律神経を整えたり、疲労回復効果のあるビタミンB群を補給できるため、LOH症候群の予防に役立てることが出来ます。しかし、30代後半以上の方で性欲の減退や不眠といった症状を感じている方は、まずは泌尿器科を受診するようにしましょう。

まとめ

更年期障害は、閉経を迎えた女性に見られるもので、めまい・発汗・イライラ・便秘などのさまざまな不快症状が現れやすくなります。健康食品のローヤルゼリーは、自律神経の改善に役立つコリンや、エストロゲンによく似た働きを持つデセン酸を含んでおり、更年期障害による不快症状の緩和に効果を発揮します。

また、男性の更年期障害と呼ばれるLOH症候群という疾患があります。LOH症候群が疑われる場合には、泌尿器科を受診するようにし、ローヤルゼリーを摂取する際には、担当医師の指示を仰ぐようにしましょう。

日々の健康習慣としてローヤルゼリーを摂取し、更年期障害を改善して心のモヤモヤを吹き飛ばしてしまいましょう。

Ranking Supplementサプリランキング

  • 私のお気に入り!酵素分解ローヤルゼリーキングの公式ページ
  • アサヒSAIローヤルゼリー48EXの公式ページ
  • ローヤルゼリー粒ゴールド800の公式ページ
  • 薬院オーガニックのローヤルゼリーの公式ページ

Ranking Cosmetic基礎化粧品ランキング

  • 私のお気に入り!ローヤルゼリーもっちりジェルの公式ページ
  • 美潤エモリーRジェルの公式ページ

Otherその他の記事