ローヤルゼリーの成分と効果

コレステロール値が下がる?

最近の研究では、ローヤルゼリーにコレステロール値を下げる効果が認められています。
この記事では、ローヤルゼリーとコレステロール値について、皆さんにご紹介させていただきます。

コレステロールとは?

コレステロールは脂質の一種です。
脂質と聞くと、「肥満」を連想してしまいがちですが、そもそも過剰摂取が問題なのであって、人間が活動するのに絶対に必要な栄養素です。

人間の体内では、1日に必要なコレステロールのうち、70%ほどを生成しています。
残りの30%は、体の中で作る事ができないので、食べ物から摂取しています。
つまり、30%以上摂取してしまうと、脂質のとりすぎになるわけです。

「コレステロール値」とは、血液中に含まれるコレステロールの量です。
適正なコレステロール量であれば、サラサラ血液にのって、体中に分配され効率的に消費されます。
しかし、コレステロールの量が増えてしまうと、血管の中を流れずに、血管の内側にへばりついてきます。
この血管の内側にへばりついたコレステロールが、狭心症や脳梗塞の引き金となってしまうのです。
コレステロール値が高ければ高いほど、命に関わるような危険に見舞われる確率が、どんどん高くなります。

コレステロール値を下げるには

コレステロール値を下げるためには、血管内部に溜めるのではなく、体外に排出させれば良いのです。
「良いのです」と簡単に書きましたが、実際にはそう単純には行きません。

血液中のコレステロールを運搬してくれるのは、「善玉」と呼ばれるコレステロールです。
実は、血液の中にあるコレステロールを運んでいるのは、コレステロール自身なのです。
余分なコレステロールを運び出してくれるのが、善玉コレステロールです。
血管にへばりつくコレステロールを「悪玉」と呼びますが、その悪玉コレステロールを体外へ排出する手助けをしてくれます。
つまり、健康な善玉コレステロールを沢山保有していなければ、悪玉コレステロールを体外に放り出すことができないのです。

前項に書いた通り、理屈では、体内の善玉コレステロールを増やせば、余分なコレステロールはどんどん減っていくはずです。
実は、ローヤルゼリーには善玉コレステロールを元気にする特別な栄養素が含まれています。
その名も「デセン酸」です。
デセン酸が、血中のコレステロールを減少させる効果を発揮し、血液をサラサラにしてくれます。

デセン酸によるコレステロール値の減少

正式には、「10ヒドロキシデセン酸」と呼びます。
デセン酸はローヤルゼリー特有の栄養素で、外の食材には存在しません。
デセン酸は、皮脂の分泌を抑制する効果があり、人間の体に、女性ホルモンを投与したのと同じ効果を与えてくれます。
さらに、デセン酸は、血液中の糖分が急に上昇するのを抑止する働きを持ち、糖尿病の治療薬開発に期待が寄せられています。

このように、血液を正常に保つ力をサポートしてくれるデセン酸なのですが、血中コレステロール値を下げる効果も認められているのです。
デセン酸を継続して摂取すると、血中コレステロールの値がみるみる回復したという研究結果が発表されています。

ローヤルゼリーは、コレステロール値に悩む方々にとって、数値を少なくする素晴らしい健康食品です。
青汁や高麗人参の継続を断念した方でも、美味しくいただけるであろうローヤルゼリーなら大丈夫。
明日からのローヤルゼリーライフで、健やかな生活を手に入れましょう。
また、ローヤルゼリーの種類についてもしっかり知っておきましょう。

ページのトップへ戻る