ローヤルゼリーに含まれるアセチルコリン

アセチルコリンと自律神経の関係

ミツバチの作り出す天然食品・ローヤルゼリーには、アセチルコリンという成分が含まれています。卵・レバー・大豆・青魚でも摂取できますが、ローヤルゼリー1g中に0.8~1.2mg含まれているとされ、これは食品では最高の含有率とされます。
アセチルコリンは神経伝達物質ともいわれ、自律神経の中枢である「間脳」という部位に働きかけます。アセチルコリンが間脳を刺激することで、全身をリラックスさせる効果のある副交感神経が活性化し、自律神経のバランスが改善されるのです。

アセチルコリンで得られる効果

アセチルコリンは体内でも生成される物質ですが、ローヤルゼリーから補給することでより自律神経のバランスが良くなり、様々な健康効果が期待できます。また神経伝達物質として認知機能の活性化にも影響力を持っています。

消化器官を活性化する

胃や腸といった消化器官は自律神経に支配されているといっても良いほど、大きな影響を受けています。不安やストレスに長時間さらされると交感神経が優位になり、消化器官の働きが悪くなる場合があります。
ローヤルゼリーでアセチルコリンを摂取することで副交感神経が優位になり、腸の蠕動運動が活性化します。その結果、便秘や下痢といったトラブルの予防や改善に繋がるのです。

血圧を緩やかに下げて高血圧を予防する

アセチルコリンは血管を拡張する作用があり、血圧を緩やかに下げて血管へかかる負担を軽減してくれます。ローヤルゼリーを習慣的に摂取することで高血圧の予防に繋がるのです。また血管が拡張することで全身の血の巡りが良くなり、冷え症や肩こりといった症状の改善にもなります。

更年期障害による体の不調を改善する

アセチルコリンで自律神経のバランスが整うことで、更年期障害によるイライラ・不眠・顔のほてりといった心身の不調を改善する効果があります。
また更年期障害は女性ホルモン(エストロゲン)の分泌量が減少することが原因の一つとされています。ローヤルゼリーにはエストロゲンと同じ働きを持つデセン酸という成分が含まれており、エストロゲンの代役として機能してくれます。
ローヤルゼリーはアセチルコリン・デセン酸という二つの成分が、更年期障害の改善に働きかけてくれるのです。

神経伝達物質として記憶力や集中力を向上させる

アセチルコリンは神経伝達物質として、脳の下部にある海馬に働きかけます。海馬は大脳辺縁系の一部で、記憶の形成や強化といった役割を持ち「記憶の中枢」とも呼ばれます。学習中など物事を記憶する際には、海馬内のアセチルコリン濃度が高くなることが分かっています。
またアセチルコリンは、認知機能を司る大脳皮質を活性化させます。これにより、認知機能の中核となる注意力や集中力・思考力が向上するのです。
ローヤルゼリーでアセチルコリンを補給することで記憶力や集中力がアップし、勉強や仕事にもプラスになります。

空腹時のローヤルゼリー摂取は控えましょう

アセチルコリンは消化器官に働きかけるため、胃酸の分泌を促進する作用があります。そのため胃に食べ物が入っていない時にローヤルゼリーを摂取すると、胃酸によって胃粘膜が傷付く可能性が出てきます。その結果、胃もたれ・胸やけといった症状が現れてしまう場合があるのです。
空腹時にローヤルゼリーを摂取することは避け、食後に摂取すると良いでしょう。

まとめ

ローヤルゼリーに含まれるアセチルコリンは副交感神経の働きを活性化し、消化器官の活性化・高血圧の予防・更年期障害による心身の不調を改善するといった効果が期待できます。また神経伝達物質として脳の活動を活性化し、記憶力や集中力の向上も期待できます。
ローヤルゼリーは自律神経を常に安定させ、健やかな毎日の強力なサポーターとなってくれるでしょう。

Ranking Supplementサプリランキング

  • 私のお気に入り!酵素分解ローヤルゼリーキングの公式ページ
  • アサヒSAIローヤルゼリー48EXの公式ページ
  • ローヤルゼリー粒ゴールド800の公式ページ
  • 薬院オーガニックのローヤルゼリーの公式ページ

Ranking Cosmetic基礎化粧品ランキング

  • 私のお気に入り!ローヤルゼリーもっちりジェルの公式ページ
  • 美潤エモリーRジェルの公式ページ

Otherその他の記事