ローヤルゼリーペプチドのメリットとは?

ローヤルゼリーペプチドとは?

ペプチドとはタンパク質が更に小さく分解された物質で、アミノ酸が2個以上繋がった構造になっています。タンパク質(アミノ酸が4000個前後から数億個つながった物もある)はそのままの状態では体内に吸収されず、消化器官を通して小さなペプチドにまで分解されて初めて吸収されるのです。
健康食品として有名なローヤルゼリーは、タンパク質及びアミノ酸が主要成分の一角を占めています。特にアミノ酸ではヒトが体内で合成することのできない九種類の必須アミノ酸を全て含有しています。ローヤルゼリーのように必須アミノ酸をバランス良く含んでいるタンパク質を「良質タンパク質」と呼びます。
ローヤルゼリーペプチドとは主要成分のタンパク質やアミノ酸が、消化器官の酵素で分解されて体内に吸収できるようになった状態の物質のことです。

ローヤルゼリーペプチドの効能

ローヤルゼリーペプチドは血圧を上げる酵素「アンジオテンシン変換酵素(ACE)」の働きを抑えることが分かっています。そのため高血圧を防ぎ、脳卒中や動脈硬化といった血液疾患の予防が期待できます。
また茨城大学農学部食品機能学研究室・米倉政実教授は平成15年度報告において「ローヤルゼリーペプチドが活性酸素により引き起こされる細胞死を防ぎ、細胞の生存率を上げることを発見した。」としています。このためローヤルゼリーペプチドには体内の活性酸素の増加を抑える抗酸化作用があるといえます。過剰なストレスや偏った食生活が続くと活性酸素が増え過ぎて血液中で悪玉コレステロールと結び付き、血液がドロドロになってしまう可能性が出てきます。ローヤルゼリーペプチドは血液をサラサラに保つため、肌の美容効果や免疫力の向上にも効果が期待できます。

胃の中で行われるタンパク質分解のプロセス

ローヤルゼリーを摂取した後、タンパク質は体内でどのような過程を経てペプチドにまで分解されているのでしょうか?
ローヤルゼリーが胃に届くと消化液(胃液)が分泌されます。消化液にはタンパク質を分解する酵素(ペプシン)が含まれており、ここでタンパク質と化学反応を起こしてペプチドに分解されているのです。その後ペプチドは小腸へ到達し、粘膜から吸収されて血液と共に全身へ送り届けられるのです。

酵素分解を施されたローヤルゼリー

体内でタンパク質をペプチドに分解することなく、酵素分解技術によって予めペプチドにまで分解されたローヤルゼリー商品も存在します。ペプチドの状態で摂取することによって幾つかの健康上のメリットが生まれるのです。

消化器官への負担が少なくなる

通常のタンパク質を吸収した場合は、胃の中での酵素分解プロセスを経なければなりません。しかしあらかじめペプチドにまで分解されていることで、胃でエネルギーを消費せず効率的な吸収が可能になるのです。

アレルギー反応のリスクを減少する

アレルギー特定原材料と比較すればとても低い頻度ですが、喘息や食物アレルギーを有する方がローヤルゼリーを摂取した場合にじんましんや喘息などの食物アレルギー反応を引き起こす可能性があります。
株式会社山田養蜂場ではローヤルゼリー中のアレルギー物質が、タンパク質の一種である「アピシン」であると特定しています。アピシンはローヤルゼリー中の総タンパク質の約31%に相当し、最も高い割合を占めています。酵素分解によりアピシンが分解されてペプチドになることで、アレルギー反応物質であるヒスタミンの分泌量が低下することが確認されています。
予めペプチドに分解することで、アレルギー反応のリスクを抑えることができるのです。

まとめ

ペプチドとはタンパク質が体内に吸収できるように、消化酵素によって小さく分解された物です。ローヤルゼリーのタンパク質も通常は胃でペプチドに分解されますが、酵素分解したローヤルゼリーであれば省略して効率的に体内に吸収することができます。
酵素分解を施してもローヤルゼリー本来の栄養分や働きが損なわれる訳ではないので、より体に優しい健康食品となっています。

Ranking Supplementサプリランキング

  • 私のお気に入り!酵素分解ローヤルゼリーキングの公式ページ
  • アサヒSAIローヤルゼリー48EXの公式ページ
  • ローヤルゼリー粒ゴールド800の公式ページ
  • 薬院オーガニックのローヤルゼリーの公式ページ

Ranking Cosmetic基礎化粧品ランキング

  • 私のお気に入り!ローヤルゼリーもっちりジェルの公式ページ
  • 美潤エモリーRジェルの公式ページ

Otherその他の記事