ローヤルゼリーの成分と効果

ローヤルゼリーの成分-葉酸・パトテン酸

とにかく沢山の栄養素が列挙されるローヤルゼリー
そのどれもが、人間の体を作る上でとても大切な栄養素ばかりです。
体を作るために必要な成分として「アミノ酸」があり、体を健康に保つために必要な成分として「ビタミン」があります。
その他にも沢山の栄養素が含有されており、栄養素を列挙するだけでも、その健康パワーの凄さを感じることが出来るほどです。

今回は、そんなローヤルゼリーの体を健康に保つパワーの源、「ビタミン」について皆様にご紹介させていただきます。

ビタミンの主な効果は免疫向上

ビタミンは主に「抗酸化作用」によって、人間の体をバイキンから守る働きを助けてくれます。
アミノ酸が人間の体を作るなら、ビタミンは人間の体を守る防衛線のような物です。

いくらアミノ酸で強靭な体を作ることが出来ても、防衛線となるビタミンが不足すると、せっかくの強靭な体が外敵(ウィルス等)にやられてしまいます。
つまり、ビタミンが不足すると、人間の健康を脅かす要因になってしまうのです。

ローヤルゼリーの成分は、非常に多くのビタミンが含まれており、「ビタミンB1」「ビタミンB12」「葉酸」「イノシトール」「ビタミンB2」「ナイアシン」「アセチルコリン」「ビタミンB6」「パントテン酸」「ビオチン」が確認されています。
その中でも、今回は「葉酸」と「パトテン酸」についてご紹介させていただきます。

葉酸

主に、病気に対する抵抗力を発揮してくれる栄養素です。
特に、皮膚に作用し、皮膚を強く丈夫に保ってくれます。
また、貧血の予防にも効果が認められており、ビタミンB12との相互作用により、倦怠感解消や朝の目覚めをスッキリさせてくれます。

医学的な見解では、タンパク質と核酸の合成を助ける効果があり、具体的には、人間の体の細胞の分裂や発育を促すことで、体の再生を活発にする働きが期待されています。
葉酸は、ビタミンCとの相乗効果があり、ビタミンCと組み合わさることで活性化される特徴を持っています。
摂取するなら、是非、ビタミンCと一緒に摂取しましょう。

葉酸を摂取すると、口内炎を予防してくれるという研究結果があるのですが、実際に葉酸が不足すると口内炎ができやすくなり、加えて、貧血の症状が現れ、胃潰瘍や動悸、息切れ等の症状が現れることもあります。

パトテン酸

パトテン酸は、ビタミンB6や葉酸と共に抗酸化作用を強化する特徴を持っており、免疫力強化のために利用されます。
糖質、脂質、タンパク質の代謝に働きかけ、副腎皮質ホルモンと呼ばれるホルモンの産出を促し、善玉コレステロールの増量や薬の副作用を軽くする解毒作用も持っています。

解毒作用や善玉コレステロールの増量に効果があるパントテン酸ですので、そのパントテン酸が不足すると、風邪などの感染症にかかりやすくなり、食欲不振や胃が弱る等の症状が現れます。
また、ストレスに弱く、疲れやすい体質に変わりやすくなり、手足のしびれ等の症状が現れる可能性が高まります。
また、よく混同されがちなローヤルゼリーとはちみつの違いについても参考にご覧ください。

ページのトップへ戻る