ベトナム産のローヤルゼリー

疲労回復や美容に効くローヤルゼリーは、健康食品の定番として不動の地位を確立しています。日本で販売されているローヤルゼリーは、ほとんどが中国産で、残りが日本産やアジア諸国から輸入したものです。ここでは、ベトナム産のローヤルゼリーについてご紹介します。

ベトナム産のローヤルゼリーとは?

ベトナム産のローヤルゼリーは、日本では見かける機会があまりありません。しかし、ベトナムの恵まれた自然環境で作られることによる品質の高さや、比較的安価で購入できることから、近年注目が高まっているのです。

豊かな自然の中で作られた高品質なローヤルゼリー

ベトナムは亜熱帯に位置する国で、平均気温は夏が33℃、冬が12℃と安定しています。そのため、温暖な気候を好むミツバチにとっては、とても過ごしやすい環境なのです。

ベトナムの中でも、特に北部のホアビン省やフート省の森林は、農薬や排気ガスのリスクも無く、養蜂が盛んに行われています。この地域にはさまざまな植物が自生していますが、特徴的なのは「ラムヤイ(龍眼)」という果樹です。ラムヤイの果実は、日本ではあまり馴染みがありませんが、タイやベトナムなど東南アジアでよく見られるライチに似たフルーツです。ラムヤイの木は、地中から強い力でミネラルを吸い上げるため、ローヤルゼリーの原料となる花粉にも豊富なミネラルが含まれます。

ベトナムの恵まれた自然環境は、ミネラル豊富で高品質なローヤルゼリーを生み出してくれるのです。

現地では低価格で手に入れることができる

日本では、ベトナム産のローヤルゼリーはあまり見られません。ベトナム産のローヤルゼリーとハチミツを混ぜた商品がわずかに見られ、1瓶6000円ほどで販売されています。

一方、ベトナム現地に行くと、低価格で手に入れることができます。価格には変動がありますが、2012年時点では、小さな瓶入りの生ローヤルゼリーが1瓶1000円ほどで販売されています。日本では、小さな瓶一つでも5000円ほどかかるので、かなりのお買い得といえるでしょう。ホーチミンのメコン川沿いでよく販売されていますが、中には数万円という高価格で販売している悪質な業者も見られるため、現地で購入する際は注意するようにしましょう。

成長し続けるベトナムの養蜂業

ベトナムは、中国と並んでアジアでも群を抜く高成長と安定性を維持してきました。健康食品の需要の高まりと共に、養蜂業は多くの農民の貧困解消に貢献しています。また、人件費が安いという魅力もあります。

今後は、ベトナムの養蜂業や流通網が発達し、日本でもベトナム産ローヤルゼリー商品が充実することが期待されています。

まとめ

ベトナムは、1年を通して穏やかな気候で、ミツバチにとっては過ごしやすい自然環境が整っています。そのため、ミツバチ自身も活発に活動し、豊富な植物もあることから良質なローヤルゼリーを採取できるのです。

日本ではまだまだ少ないベトナム産ローヤルゼリーですが、現地では低価格で購入できるため、ベトナム旅行のお土産にも最適です。

Ranking Supplementサプリランキング

  • 私のお気に入り!酵素分解ローヤルゼリーキングの公式ページ
  • アサヒSAIローヤルゼリー48EXの公式ページ
  • ローヤルゼリー粒ゴールド800の公式ページ
  • 薬院オーガニックのローヤルゼリーの公式ページ

Ranking Cosmetic基礎化粧品ランキング

  • 私のお気に入り!ローヤルゼリーもっちりジェルの公式ページ
  • 美潤エモリーRジェルの公式ページ

Otherその他の記事