生ローヤルゼリーのデメリット

ミツバチによって作り出されるローヤルゼリーは、栄養ドリンクやサプリメントなどによく配合されていることで有名です。こうしたローヤルゼリー商品の中でも生ローヤルゼリーは、自然本来の成分がぎっしり詰まっており、美容や健康維持に役立つ食品です。栄養抜群の生ローヤルゼリーですが、サプリメントやドリンクと比較すると、実は弱点もあるのです。

生ローヤルゼリーって?

ローヤルゼリーとは、働きバチ達が花粉や蜜を食べて体内で生合成し、咽頭腺から分泌した乳白色でクリーム状の物質です。ミツバチの巣の中には、王台と呼ばれる特別な穴が存在します。この王台の中には、女王バチ候補の幼虫が収められているのです。働きバチ達は、分泌したローヤルゼリーを王台の中にせっせと流し込んでいきます。ローヤルゼリーには豊富な栄養素だけでなく、もともとは働きバチ達と同じ幼虫を女王バチへ分化させる神秘的な力があることが判明しているのです。

働きバチ達が王台に流し込みはじめてから72時間以内に採取し、不純物を取り除くためにろ過して冷蔵保存されたものが、生ローヤルゼリーとして私たちのもとへ届けられるのです。

ローヤルゼリーの神秘的な力について、もっと詳しく知りたい方

生ローヤルゼリーの弱点

生ローヤルゼリーはミツバチの作り出したものをろ過しただけなので、サプリメントやドリンクよりも鮮度や栄養価が高いことが最大の特徴です。ビタミン・ミネラル・アミノ酸などの栄養素が自然本来の状態で配合されており、美容や疲労回復に抜群の効果が期待できます。

一方で、生であるために保存が難しいことや、特徴的な風味があって好き嫌いが分かれやすい、という弱点もあるのです。

保存が難しいこと

生ローヤルゼリーは、熱や空気の影響を受けやすい食品です。例えば、皮を剥いたリンゴをそのまま置いておくと空気の影響を受けて茶色くなってしまいます。生ローヤルゼリーも、常温で開封したままの状態にしておくと、すぐに成分が変性し、品質が低下してしまうのです。そのため、冷蔵庫や冷凍庫での保存が必須となります。生ローヤルゼリーは、生鮮食品と同じようにクール便で届けられるので、届いたらすぐに冷蔵庫や冷凍庫に保管するようにしましょう。一般的に、冷蔵庫で約3カ月、冷凍庫で約2年が賞味期限とされています。

保存が難しいため、サプリメントやドリンクのように手軽に持ち運べて外出先で摂取することができない、という点が弱点です。

ローヤルゼリーの賞味期限について、もっと詳しく知りたい方

風味にクセがあること

ローヤルゼリーと聞くと、高品質なハチミツのようなものと想像される場合がありますが、ハチミツのような甘味はほとんどありません。淡い乳製品に似た香りがありますが、舐めてみるとピリッとした刺激と酸味が感じられます。そのため好き嫌いが分かれやすくなり、味に馴染めず途中で摂取を止めてしまう方もいるのです。

ただし、ヨーグルトやジュースに混ぜるなど、アレンジ次第ではデザートのように美味しく召し上がっていただくこともできます。

ローヤルゼリーの飲み方について、もっと詳しく知りたい方

まとめ

生ローヤルゼリーとは、ミツバチの作り出したローヤルゼリーをろ過しただけのものです。自然本来の状態なので、ビタミン・ミネラル・アミノ酸など栄養価が抜群に高いことが特徴です。ただし、生なので鮮度の維持が難しいことや、ローヤルゼリー独特の風味がダイレクトに感じられてしまう、という弱点もあります。

こうした弱点はあるものの、生ローヤルゼリーは美容や疲労回復、血行の促進など多くの健康効果をもたらしてくれるスーパーフードです。日々の習慣として摂取することで、時間をかけて優しく体質改善に働きかけてくれるのです。

Ranking Supplementサプリランキング

  • 私のお気に入り!酵素分解ローヤルゼリーキングの公式ページ
  • アサヒSAIローヤルゼリー48EXの公式ページ
  • ローヤルゼリー粒ゴールド800の公式ページ
  • 薬院オーガニックのローヤルゼリーの公式ページ

Ranking Cosmetic基礎化粧品ランキング

  • 私のお気に入り!ローヤルゼリーもっちりジェルの公式ページ
  • 美潤エモリーRジェルの公式ページ

Otherその他の記事