ローヤルゼリーのデメリットとは?

ローヤルゼリーにデメリットはあるの?

ローヤルゼリーは女王蜂のみが摂取する、蜂の巣の中でも特別な食品です。美肌・滋養強壮・自律神経の調整・更年期症状の緩和等と、多くの健康効果が期待できます。
ただし初めて摂取する場合にはあらかじめ知っておくべきデメリットも存在します。

特有の刺激と酸味がある

ローヤルゼリーは乳白色のクリーム状の食品で、舐めてみるとピリッとした刺激に加えて酸味があります。そのためハチミツのようにデザート感覚で摂取するのは難しいでしょう。
この酸味は自然界でローヤルゼリーにのみ含まれている特有成分・デセン酸によるものです。デセン酸はコレステロール値を下げたり血圧を調整する作用があり、ローヤルゼリーで得られる多くの健康効果に密接に関係しています。つまりデセン酸の含有率が高くて刺激と酸味が感じられる物ほど、高品質なローヤルゼリーであるといえるのです。
ローヤルゼリーは牛乳やヨーグルトといった乳製品と相性が良いため、合わせて摂取することで酸味や刺激を抑えることができます。ハチミツで甘味を付けるとより摂取しやすくなります。

鮮度が落ちやすく保存が難しい

ローヤルゼリーは非常にデリケートで空気に触れると酸化してしまいます。そのため鮮度管理にも気を配る必要があり、常温ではなく冷凍庫もしくはチルドルームで保存しなければすぐに劣化してしまうのです。使用する際は専用の清潔なプラスチックスプーンで一回量だけを取り、他の容器に移して室温に戻します。ステンレス製のスプーンだとローヤルゼリーの酸味で錆が発生してしまうため、必ずプラスチック製のスプーンを使用してください。
また鮮度の問題を解決するためにサプリメントや粉末のローヤルゼリーも販売されています。特有の酸味や刺激が無いため継続して摂取しやすいメリットがありますが、生のローヤルゼリーに比べると有効成分の量は減少しています。

アレルギー反応を引き起こす可能性

ローヤルゼリーの原材料には花粉やミツバチの酵素が含まれています。そのため蜂アレルギーの方や花粉症の症状が重い方が摂取した場合に、アレルギー反応を引き起こす可能性があります。ローヤルゼリーのアレルギー反応としては、鼻づまり・湿疹・蕁麻疹が現れる可能性があります。
蜂アレルギーに関わらず喘息やアトピーを発症されやすい方は、ローヤルゼリーを摂取する前にかかりつけ医もしくはアレルギー科に相談すると安心です。またタンパク質をペプチドやアミノ酸に分解した、アレルギーを発症しにくいローヤルゼリー商品も開発されています。

まとめ

ローヤルゼリーは滋養強壮や高脂血症等の生活習慣病の予防に有効とされる健康食品ですが、刺激と酸味がある・劣化しやすい・アレルゲンとなる可能性があるといったデメリットも存在します。食べたときにピリッとした舌を刺すような独特の酸味と、乳製品のような淡い香りが新鮮さの証です。毎日の習慣として摂取していくことで、これらのデメリット以上に体質改善に大きな効果が得られるでしょう。

Ranking Supplementサプリランキング

  • 私のお気に入り!酵素分解ローヤルゼリーキングの公式ページ
  • アサヒSAIローヤルゼリー48EXの公式ページ
  • ローヤルゼリー粒ゴールド800の公式ページ
  • 薬院オーガニックのローヤルゼリーの公式ページ

Ranking Cosmetic基礎化粧品ランキング

  • 私のお気に入り!ローヤルゼリーもっちりジェルの公式ページ
  • 美潤エモリーRジェルの公式ページ

Otherその他の記事