ローヤルゼリーがリポタンパク質に与える影響

ローヤルゼリーとリポタンパク質の関係とは?

リポタンパク質とは血液中に溶けることのできないコレステロールや脂質が、血液中を移動できるようにタンパク質と結び付いた状態のことです。脂質やコレステロールは、血液中に単独で存在している訳ではありません。リポタンパク質という形で血液中に存在しているのです。リポタンパク質の"リポ"とは「脂質」という意味です。
ミツバチの作る健康食品・ローヤルゼリーは、血液中のコレステロールや脂質の濃度を低下させる作用が確認されています。そのためローヤルゼリーの摂取は、血液中のリポタンパク質にも少なからず影響を与えているのです。

リポタンパク質はどのように作られているのか?

ヒトが食物から摂取した脂質やコレステロールは小腸で吸収され、タンパク質と結び付いてリポタンパク質となり血液中に流れ込みます。またコレステロールは肝臓からも分泌されているので、タンパク質と結び付いてリポタンパク質となり肝臓から血液中に流れ込みます。
小腸から出発したリポタンパク質は一般的に「善玉コレステロール」と呼ばれている物で、血液中の余分なコレステロールを肝臓に回収する役目を果たしています。また肝臓から出発したリポタンパク質は「悪玉コレステロール」と呼ばれている物で、コレステロールを全身の必要な箇所に運ぶ役目を持っています。「悪玉」という名が付いていますがコレステロールは細胞膜やホルモンの合成にも役立っている成分で、体にとって大切な成分です。そのため健康な方の体内にも悪玉コレステロールは多く存在しています。

ローヤルゼリーはリポタンパク質の過剰生成を抑える

健康のために必要なリポタンパク質も、過剰に分泌されて濃度が高くなると高コレステロール血症という状態になります。高コレステロール血症とは「血液中の悪玉コレステロールの濃度が基準値よりも高くなった状態」のことです。高コレステロール血症は動脈硬化や脳卒中といった病気の原因となり得るので、予防・早期発見が重要になります。
ローヤルゼリーはリポタンパク質の過剰分泌を抑える作用があることが分かっています。茨城大学農学部食品機能学研究室・米倉政実教授は平成12年度報告において「高脂肪食を与えたネズミにローヤルゼリータンパク質を与えたところ、ネズミ血清中の悪玉コレステロール及び中性脂肪の濃度が減少することが明らかになった。」としています。ローヤルゼリーのタンパク質がリポタンパク質(悪玉コレステロール)を肝臓に取り込み、更に脂質の代謝を促進することで血液中の濃度を低下させていると考えられます。

ローヤルゼリーの抗酸化作用でリポタンパク質の酸化を抑える

血液中のリポタンパク質(悪玉コレステロール)が活性酸素と結び付くと、酸化コレステロール(酸化LDL)となります。酸化LDLが増え過ぎると血管壁を傷付けたり、血液中に酸化LDLの残骸が滞留して動脈硬化に繋がる可能性が出てきます。
茨城大学農学部食品機能学研究室・米倉政実教授は平成15年度報告において「ローヤルゼリーのタンパク質を酵素で分解して得られたペプチドは、活性酸素により引き起こされる細胞死を防ぎ細胞の生存率を上げることを発見した。」としています。このことからローヤルゼリーは血液中の活性酸素の働きを抑える抗酸化作用を持っていることが明らかになりました。
抗酸化作用により、血液中のリポタンパク質の酸化を抑制し、血流の改善による新陳代謝の活性化や動脈硬化の予防が期待できます。

まとめ

コレステロールや中性脂肪は単独で血液中に存在している訳ではなく、水に溶けやすいタンパク質と結合した「リポタンパク質」という形で存在しています。リポタンパク質の濃度が高いということは血液中のコレステロールや中性脂肪の濃度が高いということであり、高コレステロール血症や高脂血症の原因になる可能性が出てきます。
健康食品のローヤルゼリーは肝臓で作られるリポタンパク質(悪玉コレステロール)の分泌量を抑制し、血液中のコレステロールや中性脂肪の濃度を低下させる作用があります。ローヤルゼリーの習慣的な摂取によりリポタンパク質の量を適正に保ち、動脈硬化や脳卒中といった血管系の疾患の予防に大きな効果が期待できます。

Ranking Supplementサプリランキング

  • 私のお気に入り!酵素分解ローヤルゼリーキングの公式ページ
  • アサヒSAIローヤルゼリー48EXの公式ページ
  • ローヤルゼリー粒ゴールド800の公式ページ
  • 薬院オーガニックのローヤルゼリーの公式ページ

Ranking Cosmetic基礎化粧品ランキング

  • 私のお気に入り!ローヤルゼリーもっちりジェルの公式ページ
  • 美潤エモリーRジェルの公式ページ

Otherその他の記事