バストアップによいローヤルゼリー

バストアップと女性ホルモンの関係

女性のバストは、母乳を作る乳腺という組織が10%で、残りの90%が乳腺を守る脂肪分で構成されています。バストの大きさは、遺伝的な要素もありますが、女性ホルモンの分泌量も影響しているのです。

女性ホルモンには、乳腺の発達を促し、乳腺の周りに脂肪を吸着させる働きのある「エストロゲン」と、身体に水分を保持し、乳房にハリを持たせる効果のある「プロゲステロン」の2種類があります。2つの女性ホルモンは、約1ヶ月周期で起こる月経を軸にして、規則正しく分泌されています。女性ホルモンが活発かつバランス良く分泌されることで、乳腺の発達が促され、バストに脂肪が集まりやすくなるため、理想的なバストに近づけることができるのです。

ローヤルゼリーはバストアップに有効な成分が含まれている

ミツバチが作り出す健康食品・ローヤルゼリーには、自律神経を整えて女性ホルモンの分泌を正常にする成分や、女性ホルモンと同じような働きを持つ成分が含まれています。

自律神経を整える「コリン」

女性ホルモンは、脳内の視床下部という部位でコントロールされています。また、視床下部では、消化器官や血流を正常に保つ「自律神経」もコントロールされています。自律神経は、身体を緊張・興奮させる「交感神経」と、身体をリラックス・弛緩させる「副交感神経」の2つがバランス良く機能することで成り立っています。しかし、強いストレスや睡眠不足が続くと、心身を緊張させる交感神経が優位になりがちで、女性ホルモンの分泌にも影響が出てくるのです。

ローヤルゼリーに含まれているコリンは、体内に吸収されると神経伝達物質である「アセチルコリン」を作り出します。アセチルコリンは、自律神経をコントロールしている視床下部に働きかけ、体をリラックスさせる副交感神経を活性化する働きがあります。その結果、自律神経のバランスが改善されて、女性ホルモンの分泌が促され、バストのサイズアップやハリを持たせる効果が期待できるのです。

女性ホルモンに似た働きを持つ「デセン酸」

デセン酸とは、食品ではローヤルゼリーにのみ含まれている特有成分で、脂肪酸の一種です。女性ホルモンとよく似た構造や働きを持ち、女性ホルモンのバランスを整えてくれる効果があるため、乳腺の発達を助け、バストアップ効果が期待できるのです。

女性ホルモンを活発にするビタミンB群・ミネラル

ローヤルゼリーには、ビタミンB群や各種ミネラルが豊富に含まれています。中でもビタミンB6や亜鉛は、女性ホルモンの合成や代謝に関わっています。忙しくて朝食を抜いてしまう人や、もともと食が細い人、過酷なダイエットをされている方は、特に不足しがちな栄養素です。日々の健康習慣としてローヤルゼリーを摂取することで、ビタミン・ミネラルを補給し、女性ホルモンの合成・代謝をサポートしてくれます。

まとめ

バストは、乳腺が10%で残りの90%は脂肪分で構成されています。バストアップを目指すには、乳腺を発達させることが重要になり、そのためには女性ホルモンの分泌が欠かせません。健康食品のローヤルゼリーは、自律神経の働きを改善し、女性ホルモンの分泌を促す成分が豊富に含まれています。

ローヤルゼリーを継続的に摂取し続けることで、女性ホルモンの分泌を促し、バストアップ効果が期待できるのです。

Ranking Supplementサプリランキング

  • 私のお気に入り!酵素分解ローヤルゼリーキングの公式ページ
  • アサヒSAIローヤルゼリー48EXの公式ページ
  • ローヤルゼリー粒ゴールド800の公式ページ
  • 薬院オーガニックのローヤルゼリーの公式ページ

Ranking Cosmetic基礎化粧品ランキング

  • 私のお気に入り!ローヤルゼリーもっちりジェルの公式ページ
  • 美潤エモリーRジェルの公式ページ

Otherその他の記事