ローヤルゼリーの成分と効果

ローヤルゼリーの成分-ナイアシン

ローヤルゼリーには沢山のビタミンが含まれているのですが、その中に血行を促進する働きを助けてくれる成分が多く含まれています。
血行が促進されることで、必要な栄養素が体中を巡り、アミノ酸による体の補強やビタミンによる抗酸化作用効果を最大限に引き出すことが出来ます。
今回は、人間の血行に関するビタミンの一種「ナイアシン」について、皆さんにご紹介させて頂きます。

ローヤルゼリーに含まれるビタミン

古来中国では、人間の血液の流れを「龍脈」と呼び、力が体中を駆け巡るイメージを龍に例えて鍼治療等に役立てていました。
針治療の世界では、血流は人間の血行は健康に直結すると言っても過言ではないほど大切な物として伝えられており、その考え方は今日に至っても変わってはいません。

ビタミン成分によって、古来から重要視されてきた血液の循環がスムーズに行われ、その結果、体中を駆け巡る血液により、必要な栄養素がくまなく全身に届けられます。
もし、血液の流れが滞り、必要な栄養素が全身に届けられない状況になってしまったら、体の抗酸化作用が弱まり、病気になりやすく疲れやすい体になってしまうのです。

ナイアシンとは

糖尿病の要因となる「インスリン」の分泌に関わるビタミンです。
糖質、脂質、タンパク質の分解に絶対不可欠な栄養素で、血行を良くする効果を持っています。
血行を促進することで、必要な栄養素を血液に乗せて運びやすくすることができ、その結果、脳神経の働きを助ける効果も認められています。

血行促進の理由は、ナイアシンが体の代謝を促してくれるからです。
代謝とは、自らを常に新しくする働きの事を言います。
細胞の動きそのものを活発にしてくれるため、常に若々しくエネルギッシュな細胞として生まれ変わり、まるで全身が歯車で連結された様に動き始めます。

代謝が良くなると血流も促されるようになり、糖質、脂質、タンパク質の分解により生成されたエネルギーをまんべんなく体中に運んでくれるようになるのです。

このナイアシンが欠乏すると血行促進作用が衰え、血流がスムーズではなくなります。
血流が滞ると、手足の炎症や胃腸障害を引き起こす要因となり、脳への血行も滞るため、精神障害を引き起こす可能性が高まってしまいます。
普通に食事を行い、その上でローヤルゼリーを摂取すれば、ナイアシンが不足することは少ないですが、トウモロコシを主食とする中南米では、ナイアシン不足になりやすい傾向にあると発表されているため、安心はできません。
日本では、アルコール依存症で悩む人が、ナイアシン欠乏にある場合が多いといわれています。
実は現在、アルコール依存症で悩む人の複音として、ローヤルゼリーが注目されています。

ローヤルゼリーの摂取により、ナイアシンの効果で代謝を高めて血行促進を促し、その他の欠乏している栄養素も可能な限り全身に効率よく分配することで、病状の回復が期待されています。

ローヤルゼリーに含まれる成分によって、血行促進が促され、心身ともに健康になれる可能性を感じて頂けたと思います。
様々な健康成分が含まれているローヤルゼリー。
皆さんも早速始めてみてはいかがでしょうか。
また、どちらもメジャーであるマカとローヤルゼリーの違いについてもしっかり知っておきましょう。

ページのトップへ戻る