ローヤルゼリーに含まれる抗酸化物質

抗酸化物質を持つ健康食品・ローヤルゼリー

ミツバチの作り出した健康食品ローヤルゼリーには、幾つかの抗酸化物質が含まれています。抗酸化物質とは、ヒトの体を酸化させる活性酸素の増殖を抑える物質です。活性酸素は白血球とともにウイルス感染から体を守ったり、細胞分裂の手助けをするため体に必要な物質です。しかし紫外線や過度な運動で活性酸素が増え過ぎると、血液中の脂質と結び付いて血液の流れを悪くしたり、皮脂を酸化させてシミやシワといった老化現象を引き起こすことがあります。
ローヤルゼリーに含まれている抗酸化物質として、ローヤルゼリータンパク質・ビタミンB群・マグネシウムが挙げられます。これらの抗酸化物質の働きで、血行の改善やアンチエイジング効果が期待できるわけです。

ローヤルゼリータンパク質の抗酸化作用

ローヤルゼリー中に含まれるタンパク質には、抗酸化作用があることが研究によって明らかになっています。
「ローヤルゼリー加水分解物のin vitroにおける荒れ肌に対する作用」(片倉チッカリン株式会社・川村美裕、筑波総合研究所・丹羽誠、東京工科大学応用生物学部・正木仁 著)では「ローヤルゼリータンパク質は細胞内抗酸化物質の産生を高め、抗酸化システムを増強する。」としています。
また茨城大学農学部食品機能学研究室・米倉政実教授の平成15年度報告によると「ローヤルゼリータンパク質を酵素で分解して得られたペプチドが、活性酸素により引き起こされる細胞死を防ぎ、細胞の生存率を上げることを発見した。」とされています。
ローヤルゼリータンパク質は天然物のため、極めて安全性の高い抗酸化物質です。より肌に優しい化粧品や、酸化しやすい食品の安定化剤として今後の活躍が期待されます。

ビタミンB群の抗酸化作用

ビタミンB群はエネルギーや脂肪の代謝に役立つ栄養素として知られていますが、抗酸化作用が認められたという研究報告が寄せられています。
Journal of UOEH(2006年・28巻)に掲載されている「ビタミンB群の過酸化脂質の生成における抗酸化作用と酸化促進作用について」(広島女学院大学生活科学部管理栄養学科・岡井紀代香、薙野晴美、山田香 大阪薫英女子短期大学生活科学科食物栄養専攻・岡井康二 著)では「ビタミンB6とビタミンB12は過酸化脂質の生成を抑制した。」とされています。
過酸化脂質は、血中のコレステロールや脂質が活性酸素と結び付くことで生成されます。過酸化脂質の増加は、血行の悪化や肌のシワ等の老化現象の原因になる可能性があります。ローヤルゼリーでビタミンB群を摂取することで、過酸化脂質の生成を抑制し、活性酸素によるデメリットを無くすことに繋がるのです。
またビタミンB2は脂質の代謝に関係しており、過酸化脂質の分解を促進する作用があることでも知られます。

SOD酵素を活性化させるマグネシウム

ローヤルゼリーからは八種類のミネラルが検出されており、カリウム・リン・マグネシウム・カルシウムの含有量が高いことで知られます。中でもマグネシウムは活性酸素を分解する酵素「SOD(スーパー・オキサイド・ディスムターゼ)」の活動を促進する作用があります。
霊長類であるチンパンジーやゴリラも見ても、SODの活性度が強い種ほど酸化ストレスが少なく寿命が長い傾向が見られます。ローヤルゼリーを習慣的に摂取することでマグネシウムを補給し、SODを活性化して細胞の老化を防ぐことができます。

まとめ

ローヤルゼリーに含まれる抗酸化物質として、ローヤルゼリータンパク質・ビタミンB群・マグネシウムが挙げられます。活性酸素の増殖を抑えることにより血行を改善して新陳代謝がアップし、免疫力増強やアンチエイジング効果が期待できます。毎日の習慣にミツバチの恵みであるローヤルゼリーを取り入れてみてはいかがでしょうか?

Ranking Supplementサプリランキング

  • 私のお気に入り!酵素分解ローヤルゼリーキングの公式ページ
  • アサヒSAIローヤルゼリー48EXの公式ページ
  • ローヤルゼリー粒ゴールド800の公式ページ
  • 薬院オーガニックのローヤルゼリーの公式ページ

Ranking Cosmetic基礎化粧品ランキング

  • 私のお気に入り!ローヤルゼリーもっちりジェルの公式ページ
  • 美潤エモリーRジェルの公式ページ

Otherその他の記事